<重要>ウール・カシミヤ製品などの羊・山羊素材に関するワシントン条約該当品種への対応について

2017年1月2日付けで『ヒツジ(Ovis aries)』、『ヤギ(Capra hircus aegagrus)』がワシントン条約該当品種として追加されたことに伴い、該当貨物の輸入に際しての指摘が開始されております。

発送の際に、必ず以下の2点の情報が必要となります。

‣ヒツジ・ヤギの学名(亜種も含む)

‣飼育したものかどうか

 

転送ご希望の方は、セラー様へ上記の情報を確認いただく必要がございますので、該当素材を用いた商材の場合はご対応をお願いいたします。弊社では確認作業はいたしておらず、確認が取れない場合は通関時に滅却の可能性がございますので必ずご確認くださいませ。

 

羊に関しましては、通関可能なイギリスでの一般種を記載させていただきます。こちらをセラーの方へご確認いただければほとんどのものが該当するかと存じます。山羊につきましても情報が集まり次第みなさまへご共有させていただきます。

 

Ovis aries isphahanica,

Ovis aries laristanica

Ovis aries musimon,

Ovis aries orientalis

Ovis aries aries

 

<参考リンク>

ITIS

https://www.itis.gov/servlet/SingleRpt/SingleRpt?search_topic=TSN&search_value=552475#null

 

CITES Appendices(こちらワシントン条約該当を定義しているものになります。)

https://cites.org/sites/default/files/notif/E-Notif-2016-068-A.pdf

http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/02_exandim/06_washington/download/cites_appendices_fauna.pdf

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

転送ユーロ